0円挙式

結婚式の予算の決め方

結婚式にかかる費用はある程度把握していても、実際に自分たちが式を挙げる時に同じような予算になるとは限りません。
やはり、お金のかかることですから、予算によっては削らなければいけない部分や、妥協しなければならないこともありますよね。
それでは、まず予算を決める時にポイントとなる点をご紹介していきましょう。

招待人数は?

一般的に、結婚式にかかる費用は来場者1人あたり5万円くらいになります。
招待人数が50人なら250万円、60人なら300万円くらいの費用になることが予測できます。
また、招待客に頂けるご祝儀も貴重な資金として充てることができます。

大体1人あたり3万円程度で計算できますので、招待客が増えると費用も増えますが、資金の一部となるご祝儀も増えることから、招待人数によっておおまかな予算が決まってくると考えていいでしょう。ただ、結婚式にかかる費用は、式の2週間前などに支払うような前払いのところが多いので、ご祝儀分の資金も自分たちで用意しなくてはならないのが現状です。

ふたりの貯金額は?

結婚式の費用は、新郎新婦の貯金から捻出されることが多いようです。
ほぼ半数のカップルが、新郎新婦で折半をして、半分ずつ費用を出しているみたいですね。
ただ、一般的に男性のほうが年収が高いことから多めに出したり、新婦の衣装代が高い分女性が多めに負担するなど、立場によっても異なるようです。

日常生活に支障がない程度で費用を負担できるよう、貯金額を見なおしてみましょう。

親からの援助は?

結婚式の費用は、基本的に新郎と新婦2人でまかなうものですが、双方の親からの援助も受けることが期待できます。
実際に結婚式を挙げている新婚さんのほぼ7割以上が、親からの援助を受けているそうですよ。
その金額はさまざまでしょうから、まずは親に相談してみましょう。
たとえば、それぞれの親から50万円ずつ援助してもらえれば、100万円の資金になりますので、だいぶ余裕を持って予算を立てられるでしょう。

新婚旅行や新生活の準備は?

結婚式が終わると、一般的に新婚旅行に行ったり、一緒に住み始める新生活が始まりますよね。
新婚旅行は国内か海外か、日数によっても費用はさまざまですが、結婚式と同様に一生に一度の大事な旅行ですから、いい思い出になるようぜいたくに過ごしたいですよね。
また、結婚式を機に一緒に住み始めるのなら、新しい住居の賃貸や家具の購入など何かとお金がかかります。

結婚式と違ってご祝儀などの援助はあまり期待できませんので、自分たちで資金を用意しないといけません。
結婚式のために貯めてきた貯金が底をついては、新婚旅行や新生活の資金が足りなくなってしまいます。
結婚式の予算を立てる時には、式の後に待っている新婚旅行や新生活のことも考えておきましょう。

結婚式の見積もりを取ってみる

結婚式を挙げたい式場や招待客の人数がおおまかに計算できたら、ネット上のサイトなどでもいいので、一度見積もりを出してみましょう。
見積もりはあくまでも予測なので、プランをつきつめていくと、見積額より高くなってしまう傾向にあります。
実際に結婚式を挙げた場合、見積額より100万円近く高くなってしまう人が多いようですので、予算を決める時は、見積額より100万円くらい高めに計算しておいたほうが安心です。