0円挙式

結婚資金は幾ら必要?

結婚式にかかる費用は、招待客の人数や規模にもよりますが、一般的な相場が300万円くらいと高額です。
ご祝儀も結婚資金に充てることができますが、基本的に式場への支払いは前払いのところが多いので、式にかかる費用はできるだけ自分たちで用意しておく必要があります。

ご祝儀も、来てくれる人の経済状況や景気によっても左右されますので、あまりアテにしすぎるのも良くありません。
でも、自分たちで資金が用意できない場合、結婚式はどうすればいいのでしょうか・・・。

クレジットカードを利用する

結婚式場に支払う費用は、クレジットカードが利用できます。

クレジットカードの引き落としは、翌月になりますので、式の前に費用を支払っても後からご祝儀で補填することができます。分割払いも可能なので、現金で用意できない場合はクレジットカードでの支払いがおすすめです。

ふだん使用しているカードなら、ポイントもたまってお得ですよ。

ブライダルローンを利用する

ブライダルローンは、結婚式の費用などに使えるローンのことです。
比較的金利が低くて、審査や手続きもネット上で行えるのでお手軽です。
返済は月々数万円でOKなので、結婚式までに費用が準備できなくても、理想の式が挙げられますね。

格安のプランを利用する

最近増えてきているのが、ご祝儀分の金額で式が挙げられる格安のプランです。

式の費用は基本的に前払いのところが多いのですが、式の前までに資金を用意できないカップルのために、ご祝儀で費用を支払える後払いのプランなどもあります。
これなら、自分たちで資金を用意することなく、式が挙げられます。

もちろん、格安ですから一般的な式よりも自由度が低かったり、シンプルなプランになりがちです。
でも、最近はジミ婚なども流行っていますので、昔ながらの豪華な結婚式にこだわりがないのなら、できるだけ費用を抑えて思い出に残る式を挙げるのもいいのではないでしょうか。

少人数で式を挙げる

結婚式はどうしても招待客の人数が増えると料金が高くなってしまいます。
招待客が少ないとその分ご祝儀も減ってしまいますが、身内や大事な人たちだけで小さな式を挙げるのも良いものです。

新郎新婦2人だけの式や、招待客10人以下の小さな結婚式なら、挙式と会食合わせて10万円台にすることも可能です。
費用を抑えても素敵なお式になるように、いろいろを検討してみてくださいね。