0円挙式

結婚式予算の平均は?

一般的に、結婚式にかかる費用は来場人数が60人~70人くらいで、300万円~350万円程度と言われています。
来場人数1人あたり5万円程度とみて、人数をかけた金額がおおよその費用になるようです。

ご祝儀の平均が3.1万円くらいですので、自己資金は120万円くらいになりますね。
しかし、来場人数や式場の種類、日取りなどによっても金額に開きがありますので、具体的に何にどれくらいの費用がかかるのか見て行きましょう。

招待客数60人の場合

挙式にかかる費用

チャペルや神前など、いろいろな挙式がありますので、どのタイプにするかによっても異なります。
相場は20万円~30万円くらいです。

料理や飲み物代

披露宴では豪華なごちそうやアルコールなどの飲み物が用意されます。
来てくれたゲストにはおいしい料理をふるまいたいですね。
相場は1人あたり1.8万円程度なので、合計120万円くらいになります。

ウエディングケーキ

結婚式の象徴とも言えるウエディングケーキ。カットしてゲストに配られますので味にもこだわりたいですね。大体10万円くらいが相場になるようです。

衣装代

新郎はタキシードで15万円くらい、新婦はウエディングドレスとカラードレスなど複数あるので50万円くらいが相場になります。
2人分で65万円くらいになりますね。

会場装花費用

結婚式会場を華やかにいろどる装花。ボリュームにもよりますが、大体25万円くらいになります。

写真やビデオ撮影

大切な思い出を形に残すため、プロのカメラマンによる撮影を依頼すると、写真で20万円くらい、ビデオ撮影で15万円くらいになります。

最近は写真だけのフォトウェディングも人気です。

引き出物や引き菓子

どういったものを選ぶかによって差がありますが、1人あたり5,000円とすると、合計で30万円くらいになります。

司会者や音響など

結婚式を盛り上げるプロの司会者や音響による演出など、大体10万円くらいになります。

席次表や招待状など

ゲストのための席次表や、事前に送る招待状にも費用はかかります。
大体5万円前後になるようです。

これらの費用を合計すると、大体320万円くらいになります。
もちろん、これらはおおよその平均額ですから、どこにこだわるかによって増減します。

たとえば、お料理のランクを上げたい、ドレスのデザインにこだわりたい、引き出物はいいものをあげたいなど・・・。
こだわりすぎると上限なく予算は上がっていきますが、逆に抑えられるところもあるので、予算を立てる時の参考にしてみてください。