0円挙式

結婚費用は後払いできないってホント?

基本的には前払いが主流

結婚式にかかる費用は、基本的に前払いのところが多いようです。
結婚式の費用は高額になることが多いので、式が終わってから支払いが済ませられないのがわかっては、式場も困ってしまいますね。

昔は、結婚式の費用を新郎と新婦で貯めたり、親に援助してもらうことも多かったのでしょう。
最近では、ブライダルローンやクレジットカードなども利用できるので、それほど資金集めをしなくても支払えるようになってはいます。

最近増えてきている当日払いや後払い

それでも、不景気からなかなか回復しない昨今では、数百万円の資金を事前に用意することが難しいですよね。
できるだけ費用のかからないシンプルな結婚式や、そもそも式を挙げない人も増えてしまいがち。

そこで、最近増えてきているのが、当日払い後払いなどの支払い方です。
その場合も、契約時に数万円の金額を支払うことがありますが、当日払いや後払いなら、頂いたご祝儀を支払いに充てることができます。

当自払いや後払いの注意点

当日払いの場合は、実際に式が終わってからご祝儀を開いて数え、現金で支払うようになります。
招待客の人数が多いと大変ですし、頂いたばかりのご祝儀から現金を取り出すのはなんだか風情がないですね・・・。

事前に手伝ってもらえるように、親族や身内に依頼しておいたほうがいいようです。
また、後払いなら後日ゆっくり精算することができますね。ただ、どちらの場合もご祝儀の金額によって左右されてしまうというデメリットがあります。

ご祝儀は友人なら3万円、上司や親族なら5万円などの相場がありますが、年代によっても異なりますし、必ずしも相場の金額を入れてもらえるとも限りません。
平均の金額である3万円に人数をかけたものを資金として計算していても、予想より少なかった場合は自分で不足分を補わなくてはならないので、アテにしすぎるのは危険です。
自分たちでもある程度の金額は用意しておくようにしてください。

また、式場によっては前払いしかできないところもありますので、式場選びの段階で必ず確認しておくようにしましょう。

後払い可能なハナユメ