0円挙式

0円挙式は可能か?

愛する2人の門出を祝う結婚式、特にウエディングドレスやチャペルなどは女性にとっての憧れですよね。

でも、結婚式には何かとお金がかかります。最近流行りのジミ婚とともに、「0円挙式」というのも話題になっています。

本当に自己負担金0で結婚式が挙げられるのでしょうか?

0円挙式の仕組み

最近話題の0円挙式、結論から言うと、自己負担金0で結婚式は挙げられるのです。

その仕組みは、結婚式の費用をご祝儀でまかなうというもの。
これまでの挙式でも、ご祝儀を結婚式の費用に充てることは可能です。

ただ、一般的な結婚式の費用はご祝儀だけでは足りず、自分たちで100万円くらいは用意しないといけませんでした。
また、結婚式の料金が前払いのことが多かったので、その全額を事前に用意しなければならず、挙式をするカップルの金銭的負担が大きかったのです。

自己負担金を0円にするために、結婚式にかかる料金をご祝儀でまかなえる範囲に抑えること結婚式が終わってからご祝儀で支払いができるように後払いにしたこと、この2つのポイントによって、0円挙式が可能になるのです。
ただ、実際にご祝儀がどれくらいの金額になるかは、式を挙げてから確認してみないとわかりませんので、万が一のためにいくらかは用意しておいたほうが安心でしょう。

0円挙式の内容

自己資金0円で結婚式を挙げるには、一般的なご祝儀の金額である3万円程度に1人分の料金を抑えることになります。

結婚式にかかる費用の相場は、1人あたり5万円程度なので、相場よりもかなり安い金額になりますね。
格安だと質素な式にならないか心配になりますが、プランの内容は以下のようになります。

  • チャペルでの挙式
  • ウエディングドレスとタキシード
  • アクセサリーや小物一式
  • ヘアメイク
  • ブーケ
  • フルコース料理
  • フリードリンク
  • ウエディングケーキ
  • キャンドルサービス
  • プロの司会者
  • アートフラワー
  • 引き出物
  • 音響演出

など、基本的なものはすべてそろっています。
ただ、写真やビデオの撮影などは含まれていないことが多いので、自分で依頼する必要があります。

ほかにもいろいろなオプションがありますので、予算を超えない範囲でグレードアップすることができます。

0円挙式のメリット

0円挙式は、自己資金が0にできるだけでなく、ほかにもお得なメリットがあります。

持ち込みができる

ふつうの式場では、すべてのプランを式場で用意することが多いので、自分たちで作ったものや外注で依頼したものを持ち込むことができなかったり、持ち込み料がかかったりします。
0円挙式では持ち込み料が無料のことが多いので、できるだけ豪華にしたり演出を増やすために、自分で手作りのものを使ったり、安い費用で外注に依頼したものを使うことができます。

追加料金がない

一般的な結婚式場では、最初に出された見積もりには基本的なプランしか盛り込まれておらず、相談する内にいろいろなオプションを提示されて結果的に100万円近く高くなってしまうことがあります。
0円挙式の場合、あらかじめ予算がご祝儀の金額によって決められているので、後からオプションを追加されて金額が上がる心配がありません

0円挙式ができる式場

まだまだその数は少ないですが、0円挙式ができる式場は全国にいろいろあります。
0円挙式に特化している「ゼロ婚」などのサイトや、ご祝儀の金額内で挙式ができる式場を探せる検索サイトなども増えてきていますので、興味のある人はぜひ一度見てみてくださいね。